包茎クリニック探し隊

20代の前半は包茎治療をしたかったが・・・

私は、二十代前半の頃まで「一刻も早く包茎治療をしたい!」と焦っていました。しかし、友人から聞く話によると、包茎治療は痛みを伴うらしいので(麻酔を打つ時に激痛がするらしいのです・・)なかなか踏み出すことができませんでした。そして(仮性)包茎のまま30代になりました・・。二十代後半の頃は、会社の後輩と付き合っておりましたが、その時の肉体的関係について良い思い出はありません。良い思い出がない、というより、お粗末なSEXしか出来ないので、すっかり男としての自信をなくしてしまっているのです。よくある話だとは思いますが、私は「早漏」という包茎特有の悩みを抱えておりました。男の自信を無くしてから下半身の問題について触れることを無意識的に避け、30代後半になっても包茎・早漏状態を続けております。「一体いつまで手をこまねいているつもりか?」、自分にそう問いかけますが、とにかく包茎手術が怖ろしくて仕方がありません。広告に掲載されている某クリニックで、仮性包茎の皮をシンプルに取り去るだけなら10万円と聞いておりますので、その費用はすぐに貯金から出せます。しかし私は臆病なところがあって、手術によって包皮を切り取る、ということに顔面蒼白するほどの恐怖心を感じているのです。それは、ネットで割礼(宗教的な理由で、赤ん坊の時に包皮を取り去る)について調べているだけで気持ち悪くなってくるほどです。包茎が原因である早漏(実際に、皮を被らせた状態ですると2〜3分で射精してしまいます・・)を治したい。それを治さない限り、性的に自信を持てない。しかしながら、包茎手術が怖い・・そんな自己矛盾を抱えたまま、私は40代になってしまうのでしょうか。何かが私を後押ししてくれれば、きっと包茎治療へと踏み出すことができる・・はずだと思っております。ですから、いつかは治療したいと願っております。